コンテンツ

美味しい卵かけご飯を日本人が食べ始めたきっかけとは?日本と海外の生食の歴史を解説!

幅広い年代から人気を集めている朝の定番メニューが、美味しい卵かけご飯です。日本で卵の生食文化が広まったきっかけをご存じでしょうか?こちらでは、日本の美味しい卵かけご飯の歴史と、海外の卵の生食文化についてご紹介いたします。

卵かけご飯の歴史

美味しい卵かけご飯

美味しい卵かけご飯が、いつ頃から食べられるようになったのか、卵かけご飯の歴史が気になりませんか?卵かけご飯を発案したのは、現在の岡山県久米郡美咲町出身の岸田吟香だといわれています。従軍記者として活躍した岸田吟香は、日本初の液体目薬を販売するなど、事業家としての顔を持っていました。

日本では江戸時代から卵を食べるようになり、当時は蒸すなどして火を通して食べることが一般的でした。卵を生で食べるようになったのは明治からです。明治初期には、すでに岸田吟香が卵かけごはんを食べたことが、「江戸生活研究 彗星」に記されています。岸田吟香が「鶏卵和(けいらんあえ)」と呼ぶ元祖卵かけご飯は、ご飯に生卵をかけたものを、塩やトウガラシで味付けしたものでした。現在、岸田吟香の出身地である岡山県久米郡美咲町は、「卵かけご飯の聖地」とも呼ばれており、美味しい卵かけご飯を提供するなどして、町を挙げて取り組んでいます。

海外の卵の生食文化

日本では卵の生食が当たり前となっています。しかし、海外には卵の生食文化がほとんどありません。海外で卵の生食文化が広まっていない理由には、生食の習慣が無かった以外にも、食中毒の危険があることが挙げられます。日本のように品質管理体制が整っていない海外では、品質管理や衛生管理が不十分なことから、食中毒を発生しやすく、卵を加熱してから食べることが推奨されています。しかし、どの国でも生食文化が浸透していないわけではありません。日本以外の国では、衛生基準が厳しいフランスに、生卵を使ったカルボナーラやティラミスなどの、卵の生食文化があります。

卵に関する日本の品質管理

日本では、厳しい品質管理で卵の生産に取り組んでいます。ヒナが産んだ卵は、洗卵・検卵・選別などを経た後、人の手にほとんど触れることなく容器包装され、徹底した衛生管理の元で小売店に届けられます。このように、日本ではしっかりとした管理体制が整っているので、美味しい卵かけご飯が食べられるのです。

また、卵に関する日本の独自ルールが、卵には消費期限ではなく、賞味期限があることです。これは、日本では卵の衛生管理が徹底しているので、賞味期限が過ぎた場合でも、数日間は火を通すことで食べられるからです。賞味期限が過ぎた卵は卵かけご飯ではなく、十分火を通した卵焼きやゆで卵などで、美味しく食べましょう。

日本の食卓で美味しい卵かけご飯が出るようになったきっかけ

かき混ぜられた卵かけご飯

卵を食べるようになったのは江戸時代です。食卓で卵かけご飯が出るようになったのは、何がきっかけなのでしょうか?昭和初期までは卵はまだまだ高級品で、一般家庭で卵かけご飯を食べるようになったのは、昭和の中頃になってからです。

また、卵かけご飯が「TKG」と呼ばれるほど人気を博したのは、和歌山県のしょう油メーカーが2000代の初めに、卵かけご飯専用のしょう油を販売したことがきっかけです。その後も、2005年に島根県で「日本卵かけご飯シンポジウム」が開催されたり、10月30日が「卵かけご飯の日」に決まったりと、卵かけご飯のブームが加速し、現在の人気を確立したのです。「卵かけご飯の日」には、ぜひ美味しい卵かけご飯を食べてみてはいかがでしょうか?

美味しい卵かけご飯を食べるなら小坂養鶏場の卵をお試しください!

こちらでは、日本の美味しい卵かけご飯の歴史と、海外の卵の生食文化についてご紹介しました。「美味しい卵かけご飯を食べたい!」という方は、小坂養鶏場の卵をお試しください。小坂養鶏場は自然豊かな兵庫県小野市から、産地直送にて「鉄人の卵」をお届けしております。まったり濃厚で深みのある鉄人の卵があれば、簡単に美味しい卵かけご飯を作ることができます。

美味しい卵かけご飯の卵をお探しなら鉄人の卵(小坂養鶏)

サイト名 鉄人の卵(小坂養鶏)
代表者 藤井 久子
運営責任者 藤井 芳晴
住所 〒675-1341 兵庫県小野市西脇町1512−1
電話番号 0794-66-4839
FAX番号 0794-66-4671
メールアドレス info@tetsujin-no-tamago.jp
URL http://www.tetsujin-no-tamago.jp
定休日 なし(年中無休)