コンテンツ

養鶏場の通販で採れたてのこだわり卵を!卵の賞味期限は3週間

卵は加熱調理だけでなく、生食もする食材なので、賞味期限が気になるところです。特に通販は20個以上で販売しているところが多いため、賞味期限内に使い切れるかどうか不安で購入を躊躇されている方も少なくないでしょう。

そこでこちらでは、新鮮な「鉄人の卵」の通販を行っている小坂養鶏場が、気になる卵の賞味期限と食べごろについてわかりやすくご説明します。

日持ち期間は3週間!?気になる卵の賞味期限

20と21が書かれたメモ

卵パックに記載されている賞味期限は、安心して生食できる期限を示しています。卵の場合、食中毒を引き起こすサルモネラ菌に汚染されるリスクがあることから、賞味期限は時期によってまちまちです。

例えば、雑菌が繁殖しやすい7~9月は産卵後16日以内、繁殖しにくい12月~3月は産卵後57日以内とされており、その差は40日以上に及びます。

ただし、実際には平成22年に改訂された「鶏卵の日付等表示マニュアル」に基づき、生食用の卵の賞味期限に関しては、産卵日を起点として21日以内を限度として定めることが義務づけられています。

なお、この基準は卵を25℃以下で保存することを前提としていますが、常温保存は温度変化が大きいため、生食用の卵は10℃以下で冷蔵保存するのが基本です。

賞味期限が切れても加熱すればOK!

卵に記載されている賞味期限は、あくまで生食に適した期間を示したものなので、賞味期限を過ぎても加熱調理すれば問題なく食べられます。

なお、ひび割れのあるものは雑菌が侵入している可能性がありますので、賞味期限を問わず、しっかりと火を通して食べるようにしましょう。

鉄人の卵(小坂養鶏)は、採れたて卵を無洗の状態で最短翌日にお届けしております。商品に記載している賞味期限は発送日より21日ですが、無洗卵は雑菌の侵入を防ぐクチクラ層がそのまま残っているため、冷蔵保存すれば4週間以上美味しくお召し上がりいただくことも可能です。

卵は20個から送料無料でお届けいたしますので、採れたてのこだわり卵をご家庭で楽しみたい方は、通販サイトからご注文・お問い合わせください。

卵は産卵日から5日目以降が食べごろ!

卵は採れたての新鮮なものほど美味しいというイメージがありますが、実は卵の香りや豊かな味わいを最も堪能できるのは、産卵から5日目以降といわれています。採れたての卵の中には約55mgの二酸化炭素が含まれているのですが、時間が経過して殻の気孔から徐々にガスが抜けていくと、卵がほどよく熟成され、よりこなれた味わいになります。

ただし、スーパーなどで市販されている卵のほとんどは、産卵日まで記載されていません。そのため、食べごろを知るためには、賞味期限から逆算して産卵日を予測する必要があります。卵の賞味期限は産卵を起点として21日を限度としていますので、例えば5月27日が賞味期限の卵なら、5月6日を産卵日と仮定し、そこから5日が経過した5月11日以降が食べごろと考えられます。

ただし、賞味期限の設定基準はメーカーや養鶏場によって異なりますので、食べごろを逃したくない方は、産卵日がはっきりわかる卵を購入するのがおすすめです。

鉄人の卵(小坂養鶏)の通販サイトでは、産卵したばかりの採れたて卵を、最短で翌日にお客様のお手元に届くよう配送させていただきます。養鶏場直送のこだわり卵を、食べごろにぴったり合わせてお楽しみいただけますので、新鮮な卵をお求めの方はぜひ鉄人の卵(小坂養鶏)の通販をご利用ください。

養鶏場の採れたてこだわり卵をお求めなら鉄人の卵(小坂養鶏)の通販がおすすめ!

養鶏場で鶏のお世話をする人

卵は10℃以下で冷蔵保存しておけば、産卵日を起点として21日間、生食することが可能です。賞味期限が切れても、焼く・蒸す・茹でるなどの方法で加熱調理すれば安心して食べられますので、賞味期限に合わせて食べ方を変えてみると良いでしょう。

鉄人の卵(小坂養鶏)の通販サイトでは、養鶏場の採れたて卵を無洗のまま産地直送しております。一般的な卵よりも美味しさを長くキープできますので、30個以上のおまとめ買いもぜひご検討ください。

養鶏場の通販サイトで採れたてのこだわり卵を購入するなら鉄人の卵(小坂養鶏)へ

サイト名 鉄人の卵(小坂養鶏)
代表者 藤井 久子
運営責任者 藤井 芳晴
住所 〒675-1341 兵庫県小野市西脇町1512−1
電話番号 0794-66-4839
FAX番号 0794-66-4671
メールアドレス info@tetsujin-no-tamago.jp
URL http://www.tetsujin-no-tamago.jp
定休日 なし(年中無休)